囲碁のルール

初心者向け

「囲碁をやってみたい!」というお子さま、「子どもに習わせてみたい!」という保護者の方向けに囲碁の基本ルールをまとめました。
囲碁のイメージを掴んでいただけたら嬉しいです!

囲碁の基本ルール

囲碁はむずかしいイメージを持たれがちですが、対戦を楽しむためのルールは4つだけです。

  1. いしくろしろ交互こうご交点こうてん
  2. 陣地じんちおおいほうが
  3. いしかこめばれる
  4. いた瞬間しゅんかんられる場所ばしょにはけない

それではくわしく見ていきましょう!

※ ルール解説の本文は、小さいお子さまも自分で読めるようにルビを振っています

【ルール①】石は黒、白、交互に交点に置く

囲碁いご黒石くろいしをもつひと白石しろいしをもつひと二手ふたてかれてたたかうゲームです。
くろからさきくろしろくろしろ……と交互こうごいしいていきます

いし場所ばしょは、せんせんがぶつかった交点です。
せんせんがぶつかっているので、△のようなハジや□のようなカドにもくことができます。

【ルール②】陣地の多いほうが勝ち

囲碁いご自分じぶんいしかこった交点こうてん陣地じんちかずきそうゲームです。

右側みぎがわくろ陣地じんち左側ひだりがわしろ陣地じんちで、それぞれマークのついたところをかぞえていきます。
陣地じんちは「もく」を使つかってかぞえるので、この場合ばあいくろが17もくしろが16もくです。
陣地じんちざんすると、1もくくろのほうがおおいことがわかります。よってこの勝負しょうぶくろの1もくちです。

【ルール③】石は囲めば取れる

いしからはタテ・ヨコにせんがのびています。
これはいしにとってのみちです。

そのみちをすべてふさぐと、相手あいていしることができます
ナナメはせんがのびていないので、いし必要ひつようはありません。

かこんだいしは、すぐに碁盤ごばんうえからげます。
ったいしは、陣地じんち計算けいさんのときに1につき1もく陣地じんちとして使つかうことができるので、対戦たいせんわるまで自分じぶん手元てもといておきましょう。(ふつうは碁石ごいしもののフタにいておきます)

またみちをすべてふさいでしまえば、同時どうじ何個なんこでもることができます。

【ルール④】置いた瞬間に取られる場所には置けない

Aのところにくろいてもみちがないので、③のルールですぐに相手あいてられてしまいます。
このようにいた瞬間しゅんかんられる場所ばしょには、最初さいしょからくことができません

ただし、そこにくことで相手あいてみちをゼロにでき場合ばあいは、特別とくべつくことができます。

たとえばくろ○はいてもみちがありませんが、同時どうじしろ△のみちをゼロにしています。
よって相手あいていしってみち復活ふっかつさせられるので、くことができるのです。


囲碁いご基本きほんルールは以上いじょうです。
これをマスターすれば、すぐに対戦たいせんたのしめます!

動画で体験する囲碁

YouTubeで当教室の講師が出演している囲碁体験動画があります!(サムネイル奥のチェックの服を着ているのが講師です)
動画はよりイメージが掴みやすいと思うので、もしよろしければご覧ください!

初心者のお子さまのコースについて

2021年11月時点、初心者のお子さまは「御所野教室」にご参加いただけます。
オンラインでの受講を希望されているお子さまや現地教室に通うのが難しい場合は、個別レッスンでの対応を検討いたしますので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。